Solid Mahogany Inlaid Cabinet (U9-031)

レストアは完了しています

No. U9-031
品名 Solid Mahogany Inlaid Cabinet (U9-031)
主材質 マホガニー
サイズ ・ W 53.0cm D 36.2cm H 114.5cm
        天板高:100.5cm
[棚板間隔]
上段18.5cm /中段15.5cm/ 下段17.0cm
棚板は取り外し可能
年代 1890年頃
商品価格 (税込 )
年代・主材質は現地資料に基づいて記載しております
在庫数 1

商品説明

英国アンティーク

約130年を経た象嵌細工が美しいミュージックキャビネットです。
マホガニー材ならではの艶やかな質感を持つ赤褐色の木部に施された繊細かつ精緻なマーテットリー(絵画的意匠)には優美さと気品を感じさせられます。
また、オーバルガラスがはめ込まれた扉やトップの柔らかなラインに対し、スクウェアな天板やテーパードの脚部が持つシャープなシルエットが甘くなり過ぎない知性的でクラシカルな趣を感じさせます。

  本来ミュージックキャビネットとは、ピアノの楽譜を収納するものでした。当時の上流階級のサロンでは必ずと言って良いほどあったピアノですからミュージックキャビネットも必然的にサロンに配されていたはず。そうして、サロンに訪れるゲストに対する設えの一つとなったミュージックキャビネットには、かなりの美術的クォリティが求められたのでしょう。ミュージックキャビネットが巧みな装飾が施された高級家具である由縁はそこにあるのではないでしょうか。
   デコラティブなキーホールや引き手金具等、細部にまでクラフトマンシップが込められたこちらのキャビネット。小ぶりなサイズですので場所を選ばず、様々な場所でお使い頂けるアンティーク家具です。

 UNOでは本商品レストアにおいて以下の作業工程を行っております。

1. 接合部分等、緩みがみられる箇所は全て解体してから再度組み直しを致しております。2.消毒、清掃の後、再度組み直し。
3.本体の強度、ガタツキ、扉の開閉、鍵、象嵌部分等を修復及び調整。
4.木部の既存状態を確認し、それに応じアンティークの味わいを生かした塗装を施術しました。
5.棚板生地は新しくモケット地で貼り替えました。

パティナ(古艶)とオリジナルの塗装を生かしながら当時の手法を基にレストアを施し、往時を偲んで頂けるよう復元・修復しております。
 写真で表現できないような微妙な傷などもございますが、アンティーク品として全く問題ないものと思います。この良さは現物で是非お確かめ下さい。

*配送はヤマトのらくらく家財便(京都から) Bランク を利用致します。(配送元:京都)
 送料等お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 


 

商品詳細写真